2013年07月25日

辻堂に通ってたころ

画像-0218.jpg


きょうも
夏をテーマにした作文です。
一緒に、夏を感じてみてください。


「休みは辻堂へ」

東京から北へ四十qほど離れた海の無い街。
私は以前ここに住んでいた。
埼玉県の県庁所在地だ。
夏になると、きまって休みは、辻堂海岸へ通っていた。
これは、その頃の話だ。

エアコンの無いコラムシフトの軽自動車ホンダN360。
薄い鉄板で出来た車だから、とにかく暑い。
窓を開けて走る。
都内では信号待ちのたびに風が止まり、
うだうだ、背中のシートに汗がこびりつく。

第三京浜に入る。
アクセルをめいっぱい踏み込んで巡航速度80qで走り続ける。
風が心地よい。鼻歌が出てくる。
やがて視界に海をとらえる。
そのとたん、潮の香りが左の窓から、
ぐるっと後部座席をめぐってから右の窓へ抜けて行く。
最高の瞬間だ。

長い道のりの末、辻堂海岸に着く。
太陽はもう真上に昇っていた。

無料駐車場に停車する。
海岸の入口に旗を立てて、冷たい飲み物とアイスキャンディを売っている。
からだの割りには小さなビキニをつけた娘二人がキャンディを選んでいた。
胸元の日焼けのあとが眩しすぎる。
ここでビールを買うことにしている。

甲羅干しをしている間にアルコールっ気はすぐに飛んで行ってしまう。
大きなタオルを敷いてサンオイルをぬって寝そべる。
目をつぶる。
太陽を瞼の前に熱く感じる。
その暑さを拭うかのように波打ち際から磯の香りがやってきて、
足元から順に上ってきて鼻先をかすめて去っていく。

遠くにチラリホラリ、水着姿の娘が浜に立っているのが見える。
長い髪が陽に焼けて金色に脱色し、締まったお尻の上まで伸びている。
大きな三脚に固定した超望遠レンズのカメラを覗き、海の一点を追っている。
その先ではサーファーが波を待っていた。

うつらうつらして、

陽が傾くと、海からの風は陸からの風に変わる。
そろそろ、けだるさが残ったからだを起こし、
しばらく海を眺めてから駐車場に戻る。

まだ火照っているN360に乗りこみ、エンジンをかける。
窓は全開。
去りがたい海の、香りを纏いながら家路につく。


海と太陽、そして
風を愛していたころ
20代のころの話です。









posted by ogawan at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

ひと夏の 思い出

画像-0225.jpg


作家気取りで、ちょっと作文してみました。
いかがでしょうか。

「中三の思い出」

中学三年の夏休み、
僕は両親と共に、埼玉県の自宅から、
神奈川県の三浦半島南端にある城ケ島へ、日帰り旅行をした。
京浜東北線で大船駅まで向い、
横須賀線に乗り替えて、終点の久里浜駅に行った。

うろ覚えだが、そのあとは確かバスに乗り込んだと思う。
しばらく揺られるとなだらかな丘陵が広がり、
遠くの方には光る海が見え隠れした。
丘は見渡す限りスイカ畑だった。
「これが三浦の小玉スイカよ」と、母が嬉しそうだった。

やがて、三崎港に架かる城ケ島大橋を渡り、漁港に着いた。
潮の香りが、ぼくらを迎えてくれた。
「ここは遠洋マグロの基地なんだよ」今度は父が嬉しそうだ。

城ケ島を歩く。
海風の中に塩っ気を味わいながら崖を伝い下りて行く。
岩畳が広がり、波の音を聞きながら向こうを見ると、
ギラギラと輝く海原が一面に広がっていた。感動の瞬間だ。
うっとり佇んでいた。

横には、潮溜まりで遊ぶ家族。
見ると、Gパンに上半身は裸の女性?
まさかと思ったら、水着のトップだけを着けていた。
一瞬蒸せるような夏の香りを感じてクラクラした。

三崎漁港に戻り、遊覧船で岬を周遊し、
海側から半島を眺めながら油壺海岸へ向かった。
丘から見下ろせるヨットハーバーがあって、
子供心に、手の届かない、あか抜けた世界のように感じた。

油壺マリンパークに入ったが、
先ほどの開放感に目覚めてしまった私は、
パーク内のことより、薄着の女性たちのことが気になってしまっていた。
帰りの久里浜行きのバスに揺られていたら、
急に尿意をもよおしたのだが、
運転手に言ってバスを停めてもらう勇気もなく、最悪だったのに、
ふと目の前の女性を見て、
ノースリーブから覗く肌に目を奪われている内に、
なぜか辛さを忘れ、程なく久里浜駅に着いていた。

バスを降り、駅で、一目散にトイレへ駈け込み、
用が済んでほっとしていると、
母が血相を変えて走り寄って来て
「どこ行ってたの、捜したじゃない」とひどく怒鳴られた。

異性を意識し始めた年頃の、
ひと夏の思い出。




posted by ogawan at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

お昼は、おにぎりと、ほうじ茶

画像-0224.jpg


暑いし
お昼の自宅への往復もしんどいので
これからは、しばらくの間
昼も店にいることにしました

朝起きて
ガスコンロ用のごはん鍋に
一合のお米(無洗米)を入れて、水カップ1杯入れて
20分後に、ごはん炊き用のスイッチオン
1リットル入りの水筒に
浄水した水を入れて
ほうじ茶、水出しパックを一袋投入

少しの時間、体操をして
折り畳みベッドを立てたり
店用のタオルとか諸々準備したりして

ごはんが炊けました
少しとって、仏壇にあげて
あとはお茶碗に移して
梅干しをトッピングします
ラップを敷いて、そこに塩をパラパラまき
茶碗のごはんをパカッと裏返し
包みこんで、おにぎりの完成!
ほうじ茶も出来て
お昼の準備OK!

会社勤めのかたには、申し訳ないのですが
NHK連続テレビ小説
あまちゃんを、じっくり見てから
あの、純粋無垢の元気をもらって
そして、いざ、お店へ!
きょうも、がんばろう!
そうじして、気合いれます

さて
きょうは
昼前にいらしたお客さん
施術してのち
お昼を食べて
食後、PC見てたら
突然、睡魔がおそってきました
気がついたら
床で爆睡しておりました
あおむけになったり、うつぶせになったり
夢まで見て

起きたらすっきり、だったんですが
睡魔がやって来たときは
もう、どうしようもない
なーんもできない感じでした

いらしたお客さん
そうとう疲れが溜まっていらしたのかな
たまに、こういうこと、あります
俗にいう
こちらのからだに投影される、みたいな
‥そんな、むずかしい話ではないのですが


きょうも夕立がありました
これも、夏の風物詩
といえる余裕があれば、いいのですが







posted by ogawan at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

祝杯

画像-0221.jpg


天気予報、当たりますねー
「きょうは、にわか雨、大丈夫そうですね」と
お客さんと話してたのに、すぐあと
お帰りになったら
ざぁーっと、来てしまいましたよ
お向いの日商建設さんの軒先で
雨宿りする人の姿も見かけました

この時期は、いつ、どこで降られるか、分かりませんね
暑くなると降る
気温が上昇すると降る
自然の換気機能でしょうか
温度調節機能でしょうか
地球が欲してる?
よくできたもので、感心します

きのうの夕方は、というと
Kさんと落ち合って
クレアモールをちょっと入ってすぐ右手の店へ
扉を開けて、そのまま、まっすぐ階段を上ると
コの字型のカウンターの並ぶ居酒屋が目の前に広がって
二人で、暑気払いをしておりました
「とりあえず、生」から始めて
そして「樽酒」へ

日曜の夕方だったからでしょうか
お客さんも少なくて、静か
おちついて、杯を交わして
ゆったりと、お話ができました
安いし、雰囲気もいいし、気に入りました
また、やりたいです

おいしいお酒が、飲めるように
しごと、がんばろうと思いました

いいことが、いっぱいありますように

家族と、たのしく過ごせますように

健康に感謝して暮らせますように

いつも、やさしい気持ちでいられますように

そうです

酒は、人生を、毎日、祝福するために‥














posted by ogawan at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 街の あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

コンデジゲット

画像-0232.jpg



初めて買ったデジカメです

コンデジって何?って思ったら
コンパクトタイプのデジタルカメラのことですって

中古です
4000円
十分です、はい、満足

前から
施術の記録用に欲しいと思ってたので

新品は予算無いので
写ればいいや的に探しました

カメラ屋さんは新品ゆえスルー

ソ〇マップ
あった‥安い、え! 2500円?
しばらく、ぐるぐる回っては、チラチラ
店員さんが近づいてきて
「なにか、お探しですか?」
「中古の安いのでいいんですけど、これずいぶん安いですね」
「あ、それは、欠品が多くて‥付属品がついてないんですよぉ」
他を見ると、次に安いのは、7000円近いのでパス

テクテク歩き
スーパー銭湯の先の質屋さんへ
見ると、少し置いてあったけど
1万超えていた
表に日立製の3000円弱のがあった
箱を手に取ろうとしたら
しっかり棚に張り付けてあって
仕様を見ることができない
じろじろ見てたら
近くにいた、お客さんらしいひとに
話しかけられて
少し飛んでる話しっぷりだったのでパス

そうだ
新品でも安売りのロヂャースならどうだろう
言って見たら
しっかり、いい値段でした

あ、あそこがあったじゃない!
最後の頼みで
テクテク
行った先は、ハード・オフ連雀町店
あった!
すごい!いっぱいある
3千円台から5千円台までずらーっと並んでる
見てたら
どれがいいやら、ちんぷんかんぷん

よし、もうここで買おうと思って
店長さんらしき人に相談したら
あれこれ、調べて見てくれて
全て付属品がついてた、これに決定

探せば、見つかるもんですね

写すの、嫌いじゃないから
しばらく、デジカメ小僧になっちゃうかもしれません
むふふ

世間から遅れてる私ですが
それゆえに
少ないお金でも楽しめるっつうもんですかね


posted by ogawan at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。