2013年08月16日

お盆と 田舎

蝉の声の夏の盛り

画像-0293.jpg


お盆休みは、いかがお過ごしですか?

人が集まる、祭りの場で
いやな事故が起きてます
どうしたらいいのか、分かりませんが
安全、という気持ちを疑って
不測の事態を、予測しながら
万が一を、考えながら過ごす必要があるようですね


夏休みというは
社会人になると
会社によって、まちまちだし
人によって、いろいろですね

お盆自体、一般的には
入りが13日で、明けが16日だそうですが
長く生きていて、知りませんでした
早く迎えて、遅く(ゆっくり)送るのは、一向に構わないそうですけどね

若い時は
両親も健在だったし
我が家は分家で、親戚が訪れることもなかったので
親戚回りは

ガキのころは父と母にくっついていって
大人の話を我慢しながら聞いて
お寿司か何か
おいしいものをごちそうになるのが
たのしみでした

だんだんと
父親任せになっていって
私は、好き勝手に過ごしてたかと思います

結婚して、家族が出来てからは
たまの長期休暇だから、と
旅行したり、オートキャンプへ行ったり
家族サービスを優先してました

いまや、子供も社会人になり
もう、この歳になると
お盆休みの、言葉通りになってきました

しかし
里帰りするのも、墓参りするのも
田舎から出てきているひとは、帰省が大変ですね
田舎を持たない私は
そんな大変さも知らずに
田舎へのあこがれ、だけがあります

20代のころに
青森県弘前市の友人にくっついて
帰省に同行したことがありました

上野発の夜行列車の3段の一番上の寝台に揺られて
初めての寝台にドキドキし
朝がた、青森駅に着いたとき
駅の向こうに信じられない光景が!
海が間近に
そうです!海峡です
そして連絡船が停泊しているではありませんか
感激しちゃいましたネ

岩木山が近くに見える、友人宅でごちそうになって
すっかり旅行気分でした
離れている家族が、帰ってきていて
みんな楽しそうでした
軽いノリで
田舎っていいなあ
田舎のあるひとはいいなあ、って思いましたね














posted by ogawan at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

サザンの桑田さん見て思い出したあのころ

画像-0294.jpg


整体の、せの字が、これっぽっちもなかったころ

フォークギターかかえて
音楽雑誌のコピー譜で、せっせ、せっせと歌真似をして
テレビの音楽番組を見ては
アノコがどうの、アイツがどうのと
あこがれつつ、批評しつつ
人前で歌うことに喜びを見出していた

先日、そんなころを思い出した

夜に、サザンオールスターズの35周年記念だったか
テレビで、やってたので
ずっと見てて、彼らがデビューしたころのこと
なつかしく思い出していた
いまも、頭の中で、桑田さんの歌声がぐるぐる回ってる

青学にいるんだってよぉ
なんか、リトルフィートとかをよ
そのまんま、そっくりにやっちまうんだってよー
ボトルネックだぜぃ
演奏力がよー、半端じゃねーんだよ

私の居た学内でも噂がひろがってきていた
どうせ、一発屋で終わっちゃうんじゃ‥
という、ナナメな発言もあったけど
それは、たぶん、うらやましさから出たものだったと思う
地下練習場に出入りしていたスゴうまのギター
通称マコトが、もんた&ブラザースのメンバーになった時
みんな羨望の眼差しで見つめていた

サザンのほかに、横並びで出てきていたのが(年代は前後するが)
荒井由美
かぐや姫
キャロル〜矢沢永吉
Char(チャー)
世良正則&ツイスト
原田真二
もんた&ブラザース
シャネルズ
チューリップ
アリス
ゴダイゴ
五輪真弓
大橋純子とセントラルステーション
渡辺真知子
やっぱりテレビに出ないとメジャーじゃなかった時代
かといって、テレビだけじゃ、けなされた時代

テレビ以外でお客さんを獲得していた(と思う)のが
井上陽水
中島みゆき
大滝詠一
山下達郎
南佳孝

地下で地道な活動していたのが
近田春夫とハルヲフォン
喜納昌吉
久保田麻琴と夕焼け楽団〜サンディ&ザ・サンセット
クリエーション
カルメンマキ&OZ

レコードを、毎年出し続けていたのが
サザンとユーミン
すごいペースだった
サザン派とユーミン派に分かれていったと記憶しているけど
今は、だれの、何を聴いても、なつかしい
全てOK
聴くと、あのころ思い出す、あのひと思い出す

ああ、また音楽番組やらないかなあ


現在は
整体の、せの字で、いっぱいの私です
せせせせせせせせせせせせせせせせせせせせせせせせ
川越で整体をお探しならば
やややややややややややややややややややややややや
やよい整体へ、どうぞ





posted by ogawan at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 音的青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

見たい 見せたい サガシモノ

画像-0277.jpg


或るモノを、さがしている人がいる

さがしモノを、扱っている人がいる

さがさないと、見つからない

待ってないで、見せないと、見つけてもらえない


いまは、誰もが、携帯端末をもってる時代

さがすのも、見せるのも、やっぱり、ネットの時代

さがして、さがして、さがして、さがして

見て、見て、見て、見て、パッ、パッ、パッ、パッ

これも違う!、あれも違う! 違う! 違う! 違う! 違う!

見せる、見せる、ほれ! ほれ! チラ! チラ!


あ、いいかも! どれどれ? なに? あ? んー?

どうですか? これ、いいでしょ? いかが?

あなたの、おメガネにかなうのは、一瞬のできごと

ぜんぜん、目に入んない 何それ、問題外

それ! さがしてたの、それ! イメージ通り! わおー

わたしは、これしか売ってません、これ、自信あります、いいでしょ

わたしの趣味じゃない あー、妥協したくない


なんだあ、あんなにさがしてたのにい、こんな近くにあったあ

んー、意外なところに、目がいくのですな、わからんもんです

こんだけ、人がいるからね

こんなに、人がいるのに

ネットでって‥そんな単純なもんじゃ、ないけど、なんだろ?

その、気持ちの流れ、反応を、心理を、聞かせていただけませんか

え? そんなこと言ったって、感覚っつうか

あ、じゃ、ひとつだけ、教えてください、えーと‥



お店と

お客さんの

接点は、いずこに?







posted by ogawan at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

森林公園界隈 珍道中の巻

さるすべり

画像-0302.jpg



きのうは、お墓まいりで、まいりました(ダジャレか?)

午前中は、整体院「やよい整体」は休業にして
東武東上線の電車に揺られて
慣れ親しんだ、森林公園駅に着きました

さて、

送迎の車をたのもうと、電話
しても‥出ない
ん?
何回か、しても‥出ない
え?
二十数年来てるけど
こんなことは無かったぞよ
はぁ?
いまどき、倒産?

ま・さ・かぁー

カミさん「とにかく、ここまで来たんだからさぁ、行ってみよーよ」
すなわち
この熱い中、レンタサイクルなど借りるわけもなく‥
タクシーで、行くことに(トホホ)

着いた!
事務所締まってる!
お参りの人たちは居た!
みんな自家用車で来ていた!

ある人が言っていた
「ここはね、月曜が定休日みたいよ」
事務所の窓越しに中をのぞき見ると
確かに
ふだん通りの感じで
電話した時によぎった‥「夜逃げ」の雰囲気は全く感じられない
送迎用の、でかいワゴン車も停まってるし

ふむふむ
こりゃ、やっぱ、休みだナ

線香も花も
いつも、ここで買ってたから、手ぶらだしナ

しかたない
桶(おけ)と柄杓(ひしゃく)だけを持っていく
草取りと、お掃除をして、墓石を拭いて
花入れと、お茶碗洗って、お水入れて‥
さあ、おうちへ帰るか

しっかし、

お盆の入りが明日っつうのに
きょう休むなんて
考えられない
しばらく、納得が行かなかった

翌日、念のためTELLしたら
ふつうの口調で
「月曜日はお休みです。お盆期間中はやってますけど、今回は13日からですから休みました。」

考えた

今まで二十数年は
たしかに会社のお盆休みに合わせて行ってたから
休みにぶつからなかったんだナ
そうか

カミさん
あまり気にする様子もなく
「ねえ、こんども12日が月曜日にぶつかったらば、レンタカー借りていったほうが、いんじゃなーい」


ほかのこと書くつもりだったけど
この話だけで、引っぱってしまった!




posted by ogawan at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

28年前の夏

なぜか、見てると
ミツバチを連想する花たち

画像-0285.jpg


カミさんを見てた

洗濯した物をかごに入れて
ベランダで一つひとつ干すと
大変な目に遭う

帽子かぶって
長袖を羽織って
タオルを首にかけて
UVケアのクリーム塗って

この暑さ続きで
いいアイデアが出たらしい
というか
むかし
浦和に住んでいた頃の
干し方を思い出したらしい
浦和の家は
2階の物干し場が狭かったし

空調を効かした居間に
室内干しポールを広げて
洗濯物をハンガーにセットして
ハンガーを持って
ささっとベランダに出て
ポールにつるす

汗もかかない

ちょっとした工夫
そうですね
ちょっとした工夫次第で
すこし快適にできるんでんすね



8月12日は
母の命日
28年前
そう
あの飛行機事故のあった日と同じ日に
逝ってしまった
58才の夏
あの日も、うだるような暑い日でした

そして
その母と、同じ年になった私
きょうは
お墓詣りしてきます













posted by ogawan at 09:29| Comment(4) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。