2013年08月11日

灼熱(しゃくねつ)のダブル攻撃

きのうも、燃えあがるような暑さの中
東京の小岩駅で降りて
大先生の治療院へ歩いていきました
整体の研究会です

途中、だれてしまい
お寺さんの境内で休憩、水分補給

日陰を渡る風を受けながら
鐘楼の屋根越しに見上げる空

画像-0298.jpg

石組みの上に座り、セミの大合唱にしばし、我を忘れていました

セミの抜けがらが、あって

画像-0301.jpg

鳴いてるセミを見てても、逃げません

画像-0299.jpg


1級河川の土手近くにたたずむ治療院の
大先生はエアコンが好きではなく
夜も3階で窓を開け放して
自然の風を友に寝ているそうです

扇風機の
頼りない風に、わずかな救いを求めながら
仕手と受手に別れて
ギトギト、ベタベタ、汗だくになりながらも
整体術の研究がおこなわれました
みんな、よくやりますわ
あきれちゃうけど
みんなマジメ、得るものがあるわけです

しかし

あまりの暑さに
大先生
「早めに切り上げて、始めっか」のひと声で
暑気払いの準備が開始されました

それでも
動員されたのは、扇風機3台だけ
西日の当る部屋で
用意されたのは
サンマが4本も焼けそうな、でかい七輪でした

真夏の室内バーべキュー‥
煙もくもく、火がボーボー

見て下さい!
まるで護摩をたいてるかのよう‥

画像-0297.jpg


からだの、内側から炎のような汗が噴き出たあとに

からだの、外側からも、めらめらと炙(あぶ)られて

すごい‥一日になってしまいました

汗かいたので、あとで、すこし
すっきりした感じがあって
今朝は、目覚めもよかったとですばい


そんなわけで
あとで、浦学の激闘の無念を知り
信じられませんでした






posted by ogawan at 11:38| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

膝痛(ひざつう)予防法

色合いが、ちょっと涼しそう


画像-0282.jpg



猛暑に豪雨
自然には、逆らえないけれど
ひどいにも、ほどがある、と言いたくなるような昨今ですね
お気をつけください
と言っても、どう気をつけたら、と思ってしまいますね


さて
本日は、健康談義で、膝(ひざ)の話を

私は、腰が悪かったのですが
腰が悪いと、膝も悪くなる、背中も硬くなる
なんていうことも経験しました

そもそも、なんで腰が?ですが
思い当たるのは
からだが、超、硬かったですね
小学校のころから、前屈など、膝(ひざ)の裏がピリピリして
脚が伸ばせなかったのを、よく覚えてます

それと、身長が高かったほうなんですが
そのためかどうか、いのが恥ずかしかったのか
背を縮めているクセがあったみたいでね
猫背で、頭を前方に出して
ひょろ長い、もやし男が、根暗っぽい格好で
頭を前後にゆすりながら
つま先立ちで、踊ってるように歩いていたようです

友だちとか、周りの人に言われました
「小川君の歩き方、おもしろいね」(変!とは言われなかったから助長した?)
要するに
身体が硬くて、しかも姿勢が悪かったのです
だから20代前半に早くも腰痛症になり
30代には、毎年ぎっくり腰を患うことになったんだと思います

痛みは、腰であれ、膝であれ、背中であれ、出ると辛いものです
やりたいことが、できなくなる
行きたいところにも、行けなくなる
笑顔が、ひきつるし
人生が、暗くなる
嫌なもんです

腰や背中は
体操などしながら
なんとか、ひどくならないようにケアしてますが
膝(ひざ)は、けっこう大変ですね
ちょっとした、筋力をつけるような運動くらいでは
ケアが追いつかないくらい
それほど
身体の体重が膝関節にかかる生活が多いということでしょう

しかし
「膝の使い方」を意識して予防することも大切です
こんなことを覚えておくと良いですよ


1.膝頭(膝小僧)と、足の人差し指が、同じ方向を向いて、一直線に並ぶように使いましょう。

そうすれば、構造上、膝の関節に捻(ね)じれが生じないので、正常で安定した状態を保てます。

「O脚矯正」の勉強でも、出てきたのですが
これは、レッグランジという方法で確かめることができます。
片足を一歩前に出して腰を落として膝を曲げる動作をしてみてください。
つま先の方向と、膝頭の方向が同じならばOKです。

膝頭が内側にずれてしまっていると、ねじれのストレスがあります。
ストレスの原因には
@足の内側縦アーチが低くなっている
A内外側ハムストリングスの筋力バランスが崩れている
Bコアの筋力低下による、姿勢制御能力の低下
などが推察されます。

2.立っている時の膝が、力が入って、つっぱってたらNGです。ちょっと緩めていたならGOOD。

膝がつっぱってると
@前後左右のバランスが取りにくくなっている
A脚の外側の筋肉しか使えていない
ということが考えられます。

前後左右のどこから押されても倒れずに「立つ」「立てる」のが理想です。
なんか、武術、武道っぽいですね!

そのためには、こんなスクワット風なことを、してみてください。

膝を曲げる時、身体をまっすぐにして、降ろすようにします。
そして、膝を曲げる方向は、上記の通り、足の人差し指の方向に動かします。
※ 膝が内側に入ると、膝を痛めることになりますからね。

最初は、つま先と、かかとは、平行にしてみるのが、やりやすいでしょう。
次は、つま先を開いて、やってみましょう。
だんだんと、開きの角度を広げて、できるようになりますし、
その角度によって、使ってる筋肉が違うことが分かってきますよ。

膝のケア
大切です

これも1日1日の積み重ねです!

さて、きょうはこれから
小岩の先生の処に
はっぱをかけてもらいに行ってまいります





posted by ogawan at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひざ痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

O脚矯正の告知 & 巣鴨のひと

宣伝でーす!

画像-0272.jpg


川越駅西口 徒歩5分 やよい整体では 只今
O脚改善 O脚矯正の モニターさんを募集中 です
<ホームページもご覧ください
検査+施術 1回体験料 5000円です



さて

画像-0281.jpg


きょうも暑い中、ではありますが
はるばる、巣鴨から、お客さんがご来院くださいました
有難うございます
長い間、膝と腰に
辛い症状をかかえていらっしゃる、ご年配のかたです

私が、たまに顔を出している
体操教室で、お会いして
その時、少し整体を織り交ぜながら
体操やストレッチをして差し上げたのですが
その時の感触を覚えてくださっていたようで
今回、お見えになったという次第です

やはり
1度、2度とお会いして
顔見知りになったかたとは
初見のかたとは違って
少しでも人間関係が出来ているので
このように、お声掛けいただけるのでしょうか
大変うれしい限りです

原因をさぐりながら施術をして行きます
膝が先か、腰が先か
本日のところ、分かりかねましたが
ご年配のかたで
あまり無理もできないため
全身をチェックしながら、一通りの施術を終えて
お帰りの際に
川越の地理が不案内なので
駅までご一緒したのですが
来たときよりも、足取りが軽くなった
ということが確認できましたので
今後の希望が持てそうです

東武東上線の川越駅まで、お見送りしてから
そうだ、ここまで来たんだから、と
アトレの地下の床屋さんへ行って
頭をさっぱりしてきました
平日の昼下がりの時間帯は
ちと、ヒマそうで
入ったら、すぐ着席でした

暑いし
高校野球やってっから
でしょかねー
えへ
高校野球‥気になります












posted by ogawan at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

ぼくの マドンナ

二日前の、西の夕空
おもわず、おぉぉと、うなりながら
しばらく見ていた

画像-0296.jpg


さて、本日は、またエッセイなどを。

はじまり、はじまり


「好きだったひと」

今でも、思い出すと胸がときめく、
ぼくが好きだった人。
高校に入学し、一年生の時から見かけた子は、他のクラスの女の子でした。
髪は長く、まっすぐな黒髪で、細い面立ち、目は切れ長、
瞳はやや小さいが、やさしく、少し翳りがありそうで、
でも、いたずらそうなまなざしも見せる。

県庁所在地に位置する
市立高校のセーラー服は、清楚でいながら女性らしさを強調した制服だったけど、
その大きく開いたVゾーンから覗く、やや陽焼けした平らな胸元。
女子は皆同じセーラー服を着ているのに、
彼女だけが、一番似合っていると思った。

友だちの女の子と仲良くしている姿を見かけてはラッキーと思い、
クラスの男子と気さくに話して笑っている仕草を見かけては、
その男子たちが、うらやましかった。

不思議と彼女の影には、和の香りが沸き立ち、
古風な女の艶やかさが見え隠れしていた。
私には、近づきがたいけど、お近づきになりたい存在。
心では友達になりたい、あわよくば彼女になって下さいと声を掛けたくなるのだが、
彼女と遭遇すると、金縛りになってしまうのだった。

そうして段々と、彼女は私のマドンナと化していった。

同級生に面白い奴I君がいた。
部活はしてないのだが、
放課後になるとケースからクラシックギターを出して、
黙々と運指の練習をしていた。
ある日、彼の演奏を耳にしてドキッとした。
「アルハンブラの思い出」という曲。
物悲しくも郷愁を誘う調べが私の恋心にフィットしたのだろうか。
彼の演奏は素晴らしく私の胸を打った。

ある日の帰り、I君と校門で一緒になった。
とその時、向こうからマドンナが歩いてきた。
!!!
 ドキドキした。
すれ違う寸前、彼女が声を掛けてきた。
「今、帰り?バイバイ」
 だって! え?
唖然。
そしたら
I君が「おう、じゃあな」
だって!
えー!
絶句。
I君に「えっ、友達?」と聞くと、
I君「うん、中学の同級生」

がーん。

I君がうらやましい。
I君がうらやましい。
I君がうらやましい。
I君がうらやましい。
I君がうらやましい。
I君がうらやましい。
I君がうらやましい。
I君がうらやましい。

あんなに気軽に話せるなんて。


結局、
私は彼女に、

ひと言も声を掛けられぬまま、

卒業したのでした。




もう時効だろう

その名は
‥千代香さん



posted by ogawan at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

流れに沿って

あさがおを見ていたら
あげはが飛んできた
カメラを向けたら、どうぞって
とまってくれました
自分がきれいって知ってるのかなあ
みえますか

画像-0295.jpg



あついけれど

しばし窓を開けはなった整体院「やよい整体」の中は
気温30度でも、湿度は60%と低め
蒸さないぶん、まだいいですね
やはり
かいた汗が発散してくれるので助かります
もちろん、施術の際は
エアコン、扇風機で、おもてなしいたしますから、ご安心ください

きょうは、立秋

そろそろ夏のなかに
秋の気配が忍び込みはじめる
とは、まだ、おもえませんね
セミもまだ鳴き始めたばかりだし
とつぜんわきあがった積乱雲からの豪雨が
日本中を襲ってるし
秋風と、コオロギの登場は、まだ早すぎます
場所にもよりますが
まだまだ、お彼岸まで、ひと月は続きますよね
たいへんはたいへんだけど
夏は夏
おもいっきり夏でいるしかない

きょうの月は、新月

満月と同じで
月からの引力の影響を受けやすいと言われていますが
じわじわと、身体も活性化してる気がします
心の状態も、これから満月に向かい
プラスに感じられそうな気がして
明るく前向きになれます
なんとなく、そんな感覚‥ね

ひとは
太陽や月や、あまたの天地環境の影響を受けて
そして人と人の間でも、互いに影響し合って
生きているんですね

自然に沿って
人に沿って
流れに沿って行きたいものです


posted by ogawan at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。