2012年04月09日

ひざ痛は治ります!(自助努力も必要ですが)その1

長年の腰痛持ちの私は
まさか
ひざ痛にはならないだろうと思っていましたが
つらい痛みに1年近く苦しみました。
左ひざ痛が6か月
すぐ後に右ひざ痛4か月
そしてまた右ひざ痛2か月

夜寝られないほどの炎症が出て
整形外科に行き水を抜いてもらいました。
医者には加齢による変形性膝関節症で
治らないと言われましたけれども
今は日常生活で不自由なく過ごしています。

しゃがめない
正座が出来ない
イスに座るのも立ち上がるのもしんどい
座り続けていると立ち上がる時がつらくて
立ってからも歩きだす時がつらい
駆け出せない
早歩きさえ出来ない
じっとしてても何をやっててもジンジンと芯が痛い

振返れば
思い起こせば
腰痛がひどい時に
腰に力が入れられないため
その代りを
私の右ひざと左ひざがしていてくれていました
(ひざ君に感謝です。がんばってくれていたのでした)
私は
自分のひざは強いと過信していました。
でも
すごい負荷が両ひざにかかっていたのでした。
(ひざ君、ごめんなさい)

その結果
ある出来事をきっかけにして
ひざ痛が発症したのです。

ある日の朝、雨降りで片手傘して
家から駅へ行く途中
急カーブで前方からジョギングの男性とぶつかりそうになり
前ブレーキ急ブレーキかけたら
ブレーキのワイヤーがブチ切れて
あわやぶつかりそうになるのを
身体で両足で踏ん張って
なんとか相手に負傷は負わせないで済んだのですが
その日の午後
歩いていると左ひざがガクっとなり
それから痛くてびっこをひくようになってしまいました。

最初は近所の接骨院へ行き
超音波をあてて、電気をあてて
クリームを塗りながらマッサージしてもらい
サポーターをもらって終了
でも、良くはならなかった。

気功療法にかかったが
その時だけで
すぐ痛みが戻った。

鎮痛クリームで自分でマッサージすると
いくぶん楽だった。

発症してから1か月後に
いろいろ体操とか運動とかで無理したからか
とうとうひざの芯も裏側も痛くて
寝られなくて
医者に行きレントゲンを撮り
軟骨が減っている
水がたまってると言われて
抜いて
鎮静剤クリームをもらったが
そんなに楽にはならなかった。

それからが
長いひざ痛とのつきあいが始まった。

(つづく)





posted by ogawan at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひざ痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。