2012年04月10日

ひざ痛は治ります。その2

さくら.jpg

痛めてからは何をするにも
ひざの状態と相談しながらでないと
痛みが襲って来るのでした。

歩く時も
信号が変わりそうな時、以前は駆け出して
余裕で渡れたのに、それもしんどかった。
自転車乗る時も
去年3.11のあと計画停電で電車が動かなくて
長距離を走ったら歩道に段差があり過ぎて
何日も後からすごいダメージに襲われました。
リュック背負う時も、
重そうな物を抱えて持つ時も、
お風呂場で身体洗う時にひざをつく時も
一度しゃがんでから立つ時も
ひざが壊れるんじゃないかって思いました。

人間
どのパーツがダメでも本当に困るんだなあと
つくづく実感しました。

はっきり言って
ひざ痛を甘く見ていました。
腰痛の方がつらいと。
でも
ひざ痛だって半端じゃない。
それで辛い人の気持ちが良〜くわかりました。

まずは腰痛を持っている人は
腰痛が出ないように養生することが先決です。
でも完璧に治るまでは待てないでしょうから
腰痛を軽くして
少なくともぎっくり腰が癖にならないようにしておいてから
ひざを含めた養生法に取り組みましょう。

しかし不思議なもので
腰とひざのダブルパンチは経験したことはありません。

さて
ひざで苦しんでいる間も
動けるならばサポーターをつけて
筋バランス調整法の講習には参加し続けていました。
残念ながらあまり改善の兆しが見えず
先輩の助言で
温熱療法も試してみたものの
はかばかしくありませんでした。

ああ、これで整体師の道も
駄目かなあと悲観的な思いもよぎりました。

(つづく)

posted by ogawan at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ひざ痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。