2012年04月19日

産後の体調について

産後の体調について
調べたことを
書き留めておきます。

妊娠中には、リラキシンというホルモンが出てきます。
目的は、出産に備えて産道を広げるため。
しかし、このホルモンは関節や靭帯を緩める働きがありますので
出産に必要な骨盤周りをゆるめるだけでなく、関節もゆるめてしまいます。
妊娠中から出産後まで、関節痛がでてしまうのはこのためと言われています。

リラキシンのホルモン分泌は、産後に落ち着くのですが
ゆるんだ身体がしまるまでには、6か月以上かかります。
その間に骨盤がゆがむと
骨盤周辺の痛みとして、腰痛、尾骨痛、恥骨痛が出てきます。

したがって、出産後の期間はゆがみやすい時期なので
無理をしないよう注意。
もし体調に不安がある場合は、ゆがんだまま固まらないように
骨盤調整を受けると良い。

出産前と出産後で、体調や体型の変化を感じている人
腰痛、ひざ痛、肥満
仙骨痛(あおむけに寝ると尾てい骨があたって痛い)
そけい部痛、股関節痛、など

骨盤調整を受ける時期は
産後2か月後くらいから、約6か月後くらいの間が理想的。
目安は
始めは週1回程度で4回ほど。
もし妊娠前に腰痛があった人は
そのあと、更に2週に1回程度で5〜6回ほど。

以上



posted by ogawan at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 産後の骨盤調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。