2012年04月25日

めざせ シンプル

あやめ
菖蒲.jpg

かなり前のこと
本の題名は不確かですが
捨てることについて書かれた本が
すごく売れたことがあって
私もその新書版を買って
うんうんうなづいて
そうだそうだと共感して
本当に必要な物とのつき合いを始めたくて
心の中もきれいに片づけたくて
たしか少し実践したことがありました。

時代は移り
しばらく前に
断捨なんとかっつう本とか
それに似た本が流行りましたね。今も?
あれは、以前の捨てる本のブーム再燃だったのかな。
その時、本屋さんで同じ棚に並んでいたのを手に取って
シンプルとかいうの
フランスの人だったか、が書いた本を衝動買いして
読んだら
まさに私の信条にとても近くて
うなってしまった覚えがあります。
それは今も持っています。
「シンプルに生きる」でした。
以前ほかのブログで紹介しました。


シンプル

私がめざしているシンプルとは、

文字どおり、すっきりと単純・簡素でありながら
実は、経験しつくした上に出来た完成形で
余計なものは、そぎ落とされた状態のシンプル。

基本中の基本を指しているのだけれども
実は、到達した瞬間にあらためて気づいた上での基本のシンプル。

物事の裏表を知りつくし
その実、両面のどちらもが真実で、かつ虚構であるという境地のシンプル。

勝つでも負けるでもなく
いつどこでも泰然としているシンプル。

そういうのって
誰もが望んでいるような気がします。
だから本がうれるんだよね。

シンプルをめざします。



posted by ogawan at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。