2012年06月19日

台風のことから 近日行われる 川越八幡宮 茅の輪くぐり のことまで

コヒルガオ
雨朝顔.jpg

台風上陸、接近

今も、雨と風がすごいことになっています
窓をたたく風がこわいです
妻が風呂に入れない、寝られないと言いながら
風呂へ行きまして、さきほど出てきたところです
添い寝しようかと言ったら
イビキがうるさいからダメ!とのことでした

1時間ほど前には長野県ですが
すでに埼玉県も暴風域に入ってるので
いかに台風が巨大強烈なものかと思うと
恐ろしいことしきりです
6月にくるなんて…先が案じられます
農家の方は作物など心配ですね

話はかわりますが
先日こども相撲大会をした
川越八幡宮では
正月から6月までの半年間の間に被った
罪やけがれを祓う日本古来の行事として
厄災からまもってもらい
これから夏の無事を願って
6月30日から7月3日まで
茅の輪くぐり」が行われるそうです
なんでも江戸時代からつづく行事で
祭典のあと宮司につづいて茅の輪をくぐりぬけることで
心身ともに新しく清浄に生まれ変わるという神事です

またの名を「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」と言い
自分についた病気や災難を
形代(かたしろ)という紙の人形に名前と年齢を記して
お宮に祓ってもらうことで
災難を避けることができると言われているそうです

なお川越八幡宮からのお知らせでは
6月30日16時からの神事に参列された方には
形代と大祓御札を進呈してくださるそうですよ
土曜日の午後ですから
行きましょうかね



posted by ogawan at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。