2012年07月23日

人は どんな水を 飲んだらいいの?

本日の 木漏れ日
木陰.jpg

水道の水がまずいのは、今や常識で
カルキ(塩素)の匂いがきつかったり
浄水の時点での、殺菌の影響で
発ガン性物質が発生するとかで
おそらく
どこの家でも、蛇口に浄水器をつけたり
ブリタとかの、ポット型の浄水器を使ったり
もっとすごい家は、整水器を使ったり
あるいは、ペットボトルやタンクで
水を買ってるのではないかと思います。

川越の水は、正直、あまり美味しいと感じません。
やっぱり匂うし…
我が家でも
ダスキンの、蛇口用浄水器で濾した水を
ブリタに入れて、二度濾してから使ったり、飲んだりしています。

んで、気になったので
水を研究して何十年の、教授が書いた本を見つけたので
読んでみたら

けっきょく、結論は
水道水はアウト、のようです。
なぜなら、もう原水自体がが環境の危機にさらされていて
原水では無くなってしまっているからだそうです。
地球は大気圏までの大きな器の中で
水の総量は変わらないので
雨になって降り、川から海へ流れ、蒸発し、と
延々と繰り返しているのです。
だから浄化できなくなると
汚れたまま繰り返されてしまうということか…

水道水は煮沸しても、効果は期待出来ません。

じゃ、どうしたらいいの?というと
その教授は、答を4つ、出していました。
どんな水を人間は飲んだら今一番いいのか、というと

@ アルカリイオン水(飲用のアルカリ性電解水)
A ミネラルウォーター(地下水を原水とする飲料水)
B 硬水(カルシウムイオンやマグネシウムイオンを多く含む水)
C 海洋深層水(深度200m以深に分布する水を飲用にしたもの)

老化防止、心筋梗塞予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防
骨粗鬆症予防、慢性疲労改善などなどに効果があるとのこと

コンビニとかネットで買えるものですね。
ほんとに、今や水はお金で買う
健康のために、お金を払って水を飲む時代になってしまったのですね。

むかし
高1の頃かな
夏休み、部活で
一年坊主は、ずっと、ボールボーイさせられていて
水も飲むな、かかと上げてろと言われ
日が暮れる頃
やっと練習させてもらって
先輩が帰って
ボールが見えなくなるまでやってから
水道の蛇口からゴクゴク飲んだ時の水の
冷たくて甘い味は
忘れられないです
そのあと駄菓子屋で
チェリオとかファンタとか、がぶ飲みして
かっぱえびせん食べながら帰ったっけなあ







posted by ogawan at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。