2012年09月03日

自分を鼓舞する(大いに励まし気持ちを奮いたたせる)

きょうも 午後 にわか雨が降りました
空0903.jpg

この雨の降り方からすると
秋雨前線の停滞間近かですね。
今夜なんか、自転車漕いで帰ると
あたる風は、ひんやりしてました。
夜道をあるく人の
半袖半ズボン姿も、季節はずれに思えてきますし
道端では、秋の虫が盛んに鳴いていました。

さて
日めくりカレンダーの
石井あきらさんの言葉の中に
こんなのがあります
「名人と言われる人は
 誰にでもできることを
 誰にでもできないほど
 努力して極めている人のことを云うんです」と。

今夜NHK「仕事の流儀」
心臓外科医、天野篤さんの
仕事に賭ける情熱を見ました。

また
テレビ朝日「報道ステーション」の
スポーツニュースで
車いすテニスの国枝慎吾選手のことを取り上げて
松岡修造さんが彼について
今年2月の肘の手術を決断してからの行動力・精神力がすごいと熱弁していました。
その時の訓練のしかた、取り組んでいる時の姿を見て
本当に自分を極地に立たせてるという気迫を感じました。

以上は、たぶん
この世の中の広さから考えると
ほんの一例でしょうが
ここそこに素晴らしい人がいます。
そういう人は
必ずや世の人々から必要とされています。
そういう人は
或る時、自分が与えられた道に気づき
その道を行くのが、ある意味天命と考え
一心に、その道を歩み続けます。
その過程で、努力を続けるのです。

できないことを、できるために
何度も繰り返し、練習、訓練をし
名人がいると聞けば、行って教えを乞い
もっと良い方法はないかと、試し工夫し
この道で生きると決めた「信念」に見合う「技術」を
強力接着剤(?)で貼り付けていったのです。

その強力接着剤は、自分で作るしかないのです。

いつも
いろいろな方から
刺激を受けつつ
自分に置き換えて
がんばろうと思う









posted by ogawan at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目標をもち達成するには自分が達成した時のイメージを見続けながらがんばり続けることだ
Posted by まつおかしゅうそう at 2012年09月04日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。