2012年11月03日

58年立って

木漏れ日が眩しい
光.jpg

つい先日
58歳の誕生日を迎えました

誕生日とは
生んでくれた両親に感謝する日だとか
お母さんがお腹をいためて生んでくれた日なんだから
母親に感謝する日だとか
どなたかから聞いた覚えがあります

先祖をたどると、とてつもない天文学的数値になるから
こうやって居るのは
奇跡なんだよとも聞いたことがあります

親に感謝してます
そんな両親もすでにこの世を去りました

自分に与えられた奇跡‥
ワインだったら58年も熟成すると
すごい極上のものになるのかもしれないけれど
わたしのばあい、ツヤがなくなってきた感が強いなあ
からだのあちこちで
老化の兆しもちらほら出してるし
でもね
物心ついたばかりの青年のような
うぶなこころで
前を向いて歩いて行きたいって
元気な諸先輩たちを見ては
思いますね

自分には後輩に誇れる知恵も技術も
あると思えません
あっちに、ぶつかったり
こっちに、もつれかかったりして
どうにかこうにか泣き笑いして
こうして、やって来れただけです

せめて、今はもう
この手の平に乗る程度しかないかもしれない
ちっぽけな自分の居場所を
たいせつにしていこうと思っています
あとは
そこからつながったひとと
こころ通わせられたら
なかよくしていけたら
それこそが幸せかなって思っています
そういうの
いままで自分に出来なかったことで
やりたかったことなのかもしれないし

58年立って
やっと自分に素直になろうとしているのかも













posted by ogawan at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。