2012年11月15日

10年卓上日誌に 誓ったこと

玄関の寄せ植えに、サンタさん登場
一人じゃかわいそうなので、メルヘンチックな家も

サンタ.jpg

2004年の暮れに
50歳になった私は
このままでいいのか?と
自分に問いかけ
今までの自分を振返り
この先どうするか
どうしたいのかと
自問自答しつづけ
定年前までに
ほんとうにやりたいと思ったこと
つまり
長年の夢
整体の技術を身につけて
会社におぶさることなく
自分の力で生きていけるように
していこうと誓いました
その証として
本屋に行って
高橋書店の分厚い
10年卓上日誌を買い
これからの自分の足跡を
残していって
成長できたかを
確かめながら進んで行こうと決めました

2005年の1月1日から
10年卓上日誌をつけ始めました

もう
それから
2012−2005=
7年立ってるんですね

たとえば

11月について見てみると

7年前 決意したものの、悶々としてました
6年前 やっと行動を開始。真向法という体操教室に通い始め、整体術の独学も開始
5年前 操体法と経絡治療の先生のもとで、実践を学び始めた
4年前 真向法体操、操体法、経絡理論の勉強を継続
3年前 武術(身体力学)を学ぶと同時に、骨盤矯正を行う整体術に入門
2年前 骨盤矯正一本に絞り研鑽を開始
1年前 さらに骨盤矯正の研鑽を継続

という具合に

毎年変化が身に起きて行きました

今はこうして
整体師として
毎日施術に励んでいますし
少しはひとのお役に立てていることを
唯一の糧に
一歩一歩、歩を進めています

この10年卓上日誌の
表紙扉を開くと
目に入るページには
自分で書いた言葉があります

それは、こう

「本人が、あきらめない限り、不可能なことは何も無い」




posted by ogawan at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。