2012年12月23日

かつての OBの みんなを 見ながら

赤羽駅前 電飾樹が美しい

赤羽.jpg

昨夜の、赤羽駅
駅構内には、Ecute(エキュート)が出来ていて
人がいっぱい、いっぱい、いっぱい
完ぺきに昔の赤羽の「単なる乗換え駅」イメージは無く
都会的な街を感じさせているのに、びっくり
改札を出ると
待ち合わせの人たちの群れ、群れ、群れがすごくて
ああぁ、今晩は、忘年会とクリススマスの買物とかで
超入り乱れてるなって感じ
カラオケやら飲み屋の呼び込みも、たくさん居て
噴水近くでは
スタンドに乗せた電気ピアノを奏でながら
度胸を身につけた女の子(20代前半?)が
自作の歌を唄って、人垣が出来ていました
その、すぐ裏でも
背中丸めて座り、ギターを抱えて歌う青年がいましたが
こTらは、前に人がひとりぽつん、と、えらい対称的
夜の雑踏
人が流れていく、その先にはネオン輝く飲み屋街

居酒屋横丁の一軒
前々職のOB会だ
集まれば、集まっただけの人数分
それぞれの人生があって
しばし、一緒だったころの話に花が咲きましたね
いや、しかし
たばこを吸う人が多くてまいりました
死ぬまでやめないと豪語する人もいて‥
定年まで居て、隠居生活となったひとは
奥さんが介護で働いていて
だんなが料理を作る主婦となっていました
定年過ぎて同じところで働き続ける人は
なんだかんだ愚痴もでるけど
なじんだ職場が居心地よさそう
合併後も残ってたけど転職していった人は
名残りもあったみたいだけど
居づらかったみたい
早くに辞めて転職先で要職に就いている人は
とうとう会議が長引いて、来れなかった
みんな、生活していくことが一番
子供が成人するまで、親として支えることが一番
環境、情況と、いろいろあるけれど
なんとかやってると感じました

私も
そこを辞めてから転職して
ずっと家族を支えることに専念してきました
夢を抱えてきたから
背中を押される、きっかけがあって
今こうして、整体の店を立ち上げ
軌道に乗せようとしていますが
正直、右か左か、先のことは分かりません
でも、分からないけど
どうしたいか、どうなりたいか、という
想いを、持ち続けてきたから
これからも、変わらないで
やっていこうと考えています

みんなの姿を見て
自分の中でまた
思い直しましたね




posted by ogawan at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。