2013年01月25日

バイクで走ってた あのころの 冬

木の芽

芽20130125.jpg

川越駅 西口 徒歩5分 やよい整体 小川です

寒いから、太陽の恵みを感じますねえ

バイクで走るのが好きで、乗り回してたころ
(暴走じゃないデス)
真のバイク好きは雨でも乗るんだ! って言って
カッパと長靴とゴム手でしっかり防水して
真のバイク好きは冬でも乗るんだ! って言って
防寒対策して
かたくなに、バイクに乗ることに、こだわってましたね

自分でいうのもなんですが
マジメな奴(やつ)がバイク乗りになると
こうなるんじゃないかなっていう、バカマジメライダーの私でした

まだ車も、持ってなかったし
バイクだけ3台持ってた
SR500、CB750KU、XL250R
友だちとどこか行く時もひとりだけバイクに乗って
冬の高速道路でも車の連中と並走したりして
手を振ってました
車の中は、ぬくぬく状態で
お菓子を食べながらニコニコ顔してて
そんな彼らを横目に
まるで修行僧のようにバイクにまたがってました

オンロードバイクに乗る時も
がっちりとしたモトクロス用のブーツを履いて
下にタイツはいて
Gパンやチノパンの上には
防寒用に作られたアルミが何層か重なって出来ている
脇チャックのアウターをはいて
スキー用に開発されたアンダーシャツ
ウールのシャツにトレーナー
ネックウォーマー
冬用ライダージャケット
手袋は、金属粉が繊維に混ざってる、ごっつく、でかいヤツ
でも
言われたほどの防寒効果はありませんでしたね
結局、バイクの防寒は、気合ですね

気合‥?
基本的に寒がりだったと思います
私より若い連中は
つなぎのキルティングを着た上に
革の上下を着るだけで
細身の体型にピッタリのシルエットで
見るからにバイク野郎を気取って
カッコイイんだけど、やせ我慢?
こだわってたんだろうねえ
なんて思いますが、さて、いかがでしょうか?

信号待ちではエンジンのフィンに両手を置いて暖をとり
風が堪(こた)える日には、そっとお腹に新聞紙(またはゴミ用ポリ袋)を入れ
いよいよという時は自販機でホットコーヒーを2本買ってポケットに突っ込み
あとは、指がかじかむまで走り、もうダメなときは休憩しました

なんでそこまでやるの?

あのころは、そんな自分だったのですね
休みの日にはバイクだったのです
バイクで走っている時はひとりです
(タンデムという二人乗りもあるけれど、基本はひとり)
グループでも、走ってる時、ヘルメットの中の私はひとり

バイクで走ってる時は、基本的には、ひとりです
とにかく、ひとりになれる空間で
走ることだけに集中する移動空間だったのです
走ってると無心になれるのでした
だからきっと何も考えたくなかったんじゃなかったのかな、あのころは
疲れきるまで走って家に帰り
風呂にゆったりつかって、ずうっと、ぼけーっと、
アタマからっぽにして
そんな休日の過ごし方をしてました
毎週のように、何回も何回も
良かったのか悪かったのか

振返れば、人生の岐路だったのかもしれません
というか
人生の冬だったのですね








posted by ogawan at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。