2013年06月24日

受け取り方が大事

いい色!


画像-0178.jpg



午後になって
小学校の低学年の子供たちが帰るころ
市内の放送が流れますが
まとまって帰るちびっ子たちは
とっても、とっても元気がいいですね
楽しそうに話しながら
男の子は、いたずらが好きそうな奔放(ほんぽう)なしぐさで
女の子は、雨傘を日傘替わりにして、すでに日焼対策か

通り過ぎるまで
ピーキー、ガヤガヤ、ピーキャー、パタパタと
騒がしい集団だけど
さっぱりとしてて明るいのです(見た目ね)
大人になっても
その無邪気さがあれば
世の中をリードしていけるんじゃないかと思います


無邪気と言えば
昨日
一目置いているかたの話を聞いて
なるほど、と思ったことがあるんです

相手の人の言動に左右されていると
自分が無くなってしまうのではないかという意味のことなんですが

つまり
相手の見せる物腰とか、話しかたとか
見たり聞いたときに
この人は、こう考えてるんじゃないか、と
こちら側で、受け取るわけですが
‥見聞きした情報で、勝手に受け取るわけですが

その受け取り方が、マイナス思考で、否定的だと
そのマイナスをなんとかしようとして
だんだん、どつぼに、はまっていって
じめっとして、薄暗くて
糸引くように、また、からんでいて
ああ、俺はだめなんだというところへ行ってしまい
相手の人は、引いてしまう

ところが
その受け取り方が、プラス思考で、好意的だと
カラッとしていて、明るくて
単純で、すっきりしていて
そういう反応をしていると
返された相手も、こちらのプラスに反応して
明るく爽やかな、やり取りができて
円満な状況が出来ていく
ということなんです

人は陰と陽、どちらも持っていますが
その受け取り方、活かし方で
天と地との差が出てしまう

いつも、陽が陰をリードしている状態に
身を置くように、バランスをとれば
つきあう人とも、良い環境を作ることが出来て
明るく楽しく過ごせるのではないかということです

人は鏡とは
よく言ったものです











posted by ogawan at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は。
これはあれですか、そのー、貴方と患者さんとの
会話を意味しているのか、それとも一般的な意味での
対話を意味しているのかで違ってくると思います。

対話している相手と自分、確かめたいことははっきりと
有耶無耶にせずに、遠慮なく話すことだと思います。
まあ、あまり深刻にならず気楽に話すことが一番と
思いますがね。
Posted by 川越いも at 2013年06月24日 20:46
言葉は一度発してしまうと
取り消すことは難しいから
受け取る側次第では・・・・(>_<)になることもありますね

深く考えすぎるのも、疲れちゃうし・・
難しいねぇ〜
誠実にウソの無い話をすれば
相手にも伝わるものだと思います。


急に降り出した雨に(*_*;です。
Posted by 由桜 at 2013年06月25日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。