2013年07月05日

ぎっくり に すてっき

画像-0194.jpg

ぎっくり腰で
急に、神経を指すような痛みが走って
歩く立つ座るが、できないかたの施術をするにあたって
今までは
連絡をいただくと
ちょっとは動けるようになってから
おいでくださいと、お伝えしたり
ご自宅にお邪魔して
その場で出来る対応をしたりしておりましたが
それでも
直接、なんとか、やっとの思いで
必死な表情で、いらして
どうしても、というかたには
床に敷いた布団しかなかったので
可能な体勢を探りながら、とっていただきながら
施術範囲も限定的ではありますが
できる範囲の対応をしておりました
それは、それで
それなりのやり方がありますし
やり方として問題はないのですが
先日、別の必要、用途があって
施術用ベッドを購入したところ
床に寝ることが出来ないかたについては
やはり役立つものだと思う場面がありました
床もベッドも、どちらも、一長一短はあるのですが
腰の高さで座ってから、寝られるベッドは
施術への導入には、楽なものです
今、考えているのは
体勢を支えるための工夫ですね
出来る限り、からだがリラックスした格好を維持するために
その恰好をキープできる工夫です
ま、簡単に言えば、ゆるクッションなどの利用ですね
あと、歩く立つ座るに際しては
杖(ステッキ)か、その代用になるものがあると便利と感じました
私などが、傍で支えになれるよう注意しながら
ご自分で杖(ステッキ)を突きながら動く方が
ずっと楽に動けるようです
ギクッと来たときは
杖(ステッキ)が恰好悪いなどとは、言ってられません
傘もいいけど
先が細くてすべりますから
やはり杖(ステッキ)でしょうか‥





posted by ogawan at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。