2013年07月31日

人を 引きつける 15文字

画像-0278.jpg


また、あっちくなってきたぁ

きょうは、ちょっと感じたこと、をば


ヤフーとかグーグルとか
大手の検索エンジンサイトのトップ画面には
ニュース記事が
一件ずつの見出しで
複数の記事が載ってたりしますが

そのニュースの簡略のしかた、っていうのか
概略のあらわし方、っていうのか
あ、ニュースクリップっていうんか、が
まるで
コピーライターが書いた
すぐれたキャッチコピーのように
最近感じるようになったサイトがあります

それは
偶然使ってる
ライブドアリーダーをログアウトすると出てくる
ライブドアのトップページです

ここの「キャッチコピー」ならぬ、見出しは
よく出来ていて、というか
よーく考えられていて
いずれの見出しも
長くても、15字位で収まってます
俳句より短か!
そう、一目でわかって、読みやすいんです

しかも
その中に
もっと中身を読みたいと思わせる
誘いコトバ、というのか
ついクリックして、知りたくなるようなコトバが
織り込まれているように感じます
「覗かないでください」と壁の穴の下に貼紙をしてるみたいに
(ちょっと、ちがうか)

同じニュース、出来事を報道していても
他の検索エンジンサイトでは
事実を表すことに忠実だったり
野球でいえば直球を淡々と放り続ける
ま、それが当りまえで
ひねりもなにも、あるわけないのですが

前出のライブドアには
ちょっとあそびごごろのあるディレクターと
すぐれたコピーライターが
いるのではないかなと、思ってしまいます

毎日、ついクリックしながら
その、見る側の立場の
感覚を分析(って言うほどじゃないけど)しつつ
つくる側の感性に
驚きながら
自身のホームページのSEOにも
役立たせるように
学ばせてもらってます





posted by ogawan at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。