2013年08月10日

膝痛(ひざつう)予防法

色合いが、ちょっと涼しそう


画像-0282.jpg



猛暑に豪雨
自然には、逆らえないけれど
ひどいにも、ほどがある、と言いたくなるような昨今ですね
お気をつけください
と言っても、どう気をつけたら、と思ってしまいますね


さて
本日は、健康談義で、膝(ひざ)の話を

私は、腰が悪かったのですが
腰が悪いと、膝も悪くなる、背中も硬くなる
なんていうことも経験しました

そもそも、なんで腰が?ですが
思い当たるのは
からだが、超、硬かったですね
小学校のころから、前屈など、膝(ひざ)の裏がピリピリして
脚が伸ばせなかったのを、よく覚えてます

それと、身長が高かったほうなんですが
そのためかどうか、いのが恥ずかしかったのか
背を縮めているクセがあったみたいでね
猫背で、頭を前方に出して
ひょろ長い、もやし男が、根暗っぽい格好で
頭を前後にゆすりながら
つま先立ちで、踊ってるように歩いていたようです

友だちとか、周りの人に言われました
「小川君の歩き方、おもしろいね」(変!とは言われなかったから助長した?)
要するに
身体が硬くて、しかも姿勢が悪かったのです
だから20代前半に早くも腰痛症になり
30代には、毎年ぎっくり腰を患うことになったんだと思います

痛みは、腰であれ、膝であれ、背中であれ、出ると辛いものです
やりたいことが、できなくなる
行きたいところにも、行けなくなる
笑顔が、ひきつるし
人生が、暗くなる
嫌なもんです

腰や背中は
体操などしながら
なんとか、ひどくならないようにケアしてますが
膝(ひざ)は、けっこう大変ですね
ちょっとした、筋力をつけるような運動くらいでは
ケアが追いつかないくらい
それほど
身体の体重が膝関節にかかる生活が多いということでしょう

しかし
「膝の使い方」を意識して予防することも大切です
こんなことを覚えておくと良いですよ


1.膝頭(膝小僧)と、足の人差し指が、同じ方向を向いて、一直線に並ぶように使いましょう。

そうすれば、構造上、膝の関節に捻(ね)じれが生じないので、正常で安定した状態を保てます。

「O脚矯正」の勉強でも、出てきたのですが
これは、レッグランジという方法で確かめることができます。
片足を一歩前に出して腰を落として膝を曲げる動作をしてみてください。
つま先の方向と、膝頭の方向が同じならばOKです。

膝頭が内側にずれてしまっていると、ねじれのストレスがあります。
ストレスの原因には
@足の内側縦アーチが低くなっている
A内外側ハムストリングスの筋力バランスが崩れている
Bコアの筋力低下による、姿勢制御能力の低下
などが推察されます。

2.立っている時の膝が、力が入って、つっぱってたらNGです。ちょっと緩めていたならGOOD。

膝がつっぱってると
@前後左右のバランスが取りにくくなっている
A脚の外側の筋肉しか使えていない
ということが考えられます。

前後左右のどこから押されても倒れずに「立つ」「立てる」のが理想です。
なんか、武術、武道っぽいですね!

そのためには、こんなスクワット風なことを、してみてください。

膝を曲げる時、身体をまっすぐにして、降ろすようにします。
そして、膝を曲げる方向は、上記の通り、足の人差し指の方向に動かします。
※ 膝が内側に入ると、膝を痛めることになりますからね。

最初は、つま先と、かかとは、平行にしてみるのが、やりやすいでしょう。
次は、つま先を開いて、やってみましょう。
だんだんと、開きの角度を広げて、できるようになりますし、
その角度によって、使ってる筋肉が違うことが分かってきますよ。

膝のケア
大切です

これも1日1日の積み重ねです!

さて、きょうはこれから
小岩の先生の処に
はっぱをかけてもらいに行ってまいります





posted by ogawan at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひざ痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。