2013年09月28日

祭りのある街

『川越で痛みすっきり、芯から元気になれる整体院』
「やよい整体」の小川です。

画像-0371.jpg

日向(ひなた)の中にも
肌寒さを感じますね。
この季節になると
川越まつりが、2日間開催されて
遠方からも人が沢山集まってきて
観光の街、川越が息づきます。

なぜこの時期なの? と思いますか?
私も思いました。

川越氷川神社が関係してます。
このまつりは、正式には「川越氷川祭り」と言うそうですね。

川越氷川神社は
たいへん古く、歴史のある神社で
なんと1500年もまえに作られたそうです。
室町時代に、川越城が出来てからも
その後の、江戸時代にも
城下の総鎮守(その土地を護る神)として
厚い信仰が寄せられてきた神社なのでした。

この川越氷川神社の
もっとも大きな祭りに
創建の由緒にさかのぼる祭りの
神幸祭(しんこうさい)というのがあって
10月14日に執り行われます。
その祭り(例大祭)の付け祭りとして
山車(だし)などが出たのが始まりのようですね。
だから、この時期なのですね。

豆知識でした。

私の住む岸町2丁目には
木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の山車があって
街を曳いて回りますが
あの3階建ての山車の頂上に乗る人形を出すと
電線にぶつかるため
なかなか見ることが出来ません。
その点、1番街方面のメイン会場は
電柱を無くすなど整備されていて、いいですね。

私のお店のある脇田本町は
山車がありません。
あったら、きっと町内の方々の
賑やかな動きがあるのでしょうね。
祭り好きの人もいるのでしょうけどね。

私は浦和から引っ越してきたのですが
いままで経験のない
こんな大がかりな祭りがあって
川越の住民としては誇らしいですね。



本日も、最後まで、おつき合い有難うございました。
やよい整体 院長 小川 昭



■ 「やよい整体」では、骨盤矯正のほかに、O脚矯正も承っております。
  ただいま、限定モニター募集中!(1か月2名様まで)

■ 気軽にお問合せください。
  080-3027-6871

■ 当院のホームページ
  「やよい整体」 オフィシャルホームページ

  「やよい整体」 最新ホームページ




posted by ogawan at 15:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 街の あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青竹ふみ・・・やりたい!
靴紐・・・・・やらなくちゃ!!

あ〜〜〜大変(^_-)-☆


川越祭り・・もう何年も行っていません
人が多すぎて・・・疲れます!

山車は川越が誇る 素晴らしい文化ですよね
世界中に知ってほしいな!
Posted by 由桜 at 2013年09月28日 18:20
今晩は。
川越祭のポスターがあちこちで見かける
時節となりましたね。
平成八年までは、毎年10月14日と15日に行われていました。
ネットで検索すればわかりますよ。
それが、観光客を呼び込む目的か、土日に行われるように
その後変更になったのです。

祭は、私も大好きです。屋台がたくさん出て、冷やかすだけでも
楽しいですね。


Posted by 川越いも at 2013年09月28日 19:49
由桜さん、おはようございます。
早起きして、歩いて、畑して、ねこと会話して、お出かけして、毎日を楽しんで暮らしていらっしゃる由桜さんなら、マイペースでOKですよ。
祭り‥たしかにすごい人、人、人ですね。
忘れたころに、また行きたくなるかも、ですね。
Posted by ogawan at 2013年09月29日 08:22
川越いもさん、おはようございます。
なるほど。
観光客を呼び込むために土日に変更されたんですね。
だからでしょうか。このところ、すごい人気、人の多さにびっくりですね。
祭り好きのひとが集まるんでしょうかね。
大通りから道を一本離れても、街に祭りの風情があるのを見ると、川越まつりの大きさを感じますね。
Posted by ogawan at 2013年09月29日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。