2012年10月09日

からだ 股関節 筋肉

せんろはつづくよ
線路.jpg

股関節は
とても多くの筋肉に支えられています
股関節に問題を抱えている場合
この筋肉の面から
動きの弱いところを知り
その部分の筋力をつけるという方法も
有効と考えられています
股関節の動きに関しては
その関節の機能上
屈曲、伸展、内転、外転、外旋、内旋と
多くの動きがあり
そのいずれか、弱い動きを知ることから始めます
そして
弱い動きに関連する筋肉を意識した
リハビリを行っていくのです
腸腰筋、大臀筋、内転筋群、外転筋群、
深層外旋筋、大腿四頭筋、ハムストリングスなど
ただし
あせらず、少しずつ
日常生活の中で
正しい姿勢を意識しつつ
筋肉の機能に合った動作をも身に着けながら
運動をするときは
無理してオーバーしないように
ストレッチも併用しながら
いたわりながら
日常動作をカバーできる程度の筋力をつけることで
股関節を守りながら
股関節の可動域を広げ
日常生活で痛めることなく動けることが可能になり
また
股関節の病気の進行も遅らせる効果も期待できます

以上は、もちろん個人差があるので
原則論となりますが
股関節に限らず
筋力は、身体の機能維持を考えると肝です
posted by ogawan at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

運動不足による 股関節痛について

空0829.jpg

右の股関節が痛い
ソファーだと低くて座れない
正座も胡坐(あぐら)もキツイようだ
高校1年生
夏休み前から1か月
お聞きすると
中学のころから兆候があったようだ

施術を開始
太ももの裏側が極端に筋肉が落ちて
張りがない
おしりの筋肉も小さく弱弱しい
途中、聞くと
中学では陸上部で長距離をやってたとのこと
高校に入ってからは部活には属していない
それで、この夏休みは
ほとんど家の自分の部屋で過ごし
外出もほとんどしていなかったようだ

ということは
だいたいスポーツマンは
スポーツをやめると
がたっと筋肉筋力脚力が落ちて行く
体をささえる大きな筋肉
とくにお尻や太ももの筋肉が落ちると
骨をささえることが厳しくなるし
当然身体のバランスも崩れていく

運動不足に加えて‥
さらに伺うと
自室でイスにすわりパソコンに向かいつづけるのを
毎日つづけていたみたいだが
正しい姿勢を維持しにくい状況も
バランスを回復しずらいほうへ働いたようだ
それで、陸上部のころに負荷が多くかかっていた
右股関節に痛みという危険信号が出たと思われます

1.念のため、整形外科にて検査をし
とくに異常がなければ
2.股関節を支える筋力をつけること
(股関節周辺のゴムバンド運動)
(大臀筋、大腿四頭筋、深層外旋筋、ハムストリングス の筋力アップ)
3.からだ全体を動かす
(自転車に乗るとか、歩くことから始める)

これらのことをご提案いたしました

筋力は大事です



posted by ogawan at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。